NPO法人すずめとは

【基本理念】

“よりよくいきる”
私たちは、未来を担う子どもたちが人間として重んじられ
輝かしい希望をかかげて成長するために、保護者、地域、行政
と手を結んでより良い社会を築いていきます。
いつの時代も命を生み育てる父母の声に耳を傾け市民のニーズ
に対応しうる真の子育て支援を提案し実施していきます。



【すずめのあゆみ】

特定非営利活動法人 東村山子育て支援ネットワークすずめは
1963年秋に発したお母さん数人の手による家庭保育が源流です。
これが自主運営の集団保育、幼児教室すずめに発展したのです。
母親たちの「わが子は勿論のこと、近所のどの子も子どもらしく
のびのびと育って欲しい」という願いと、地域住民の「子ども
の声が溢れ、全ての世代が健やかに暮らせる街にしたい」という
思いが、幼児教室すずめを育てました。
時代と共に、大勢の市民の手から手に受け継がれた子育て支援
の輪が今大きく結ばれました。



1963年 美住町旧公団久米川団地にて母親数名が預かり保育を始める
1964年 旧公団久米川団地集会所を借り、3歳児の集団保育「ママさんクラブ雀の学校」を開始
1973年 市議会に請願「東村山市幼児教室補助金交付要綱」が可決
1981年 児童館づくり運動、子どもまつり等地域活動に参加
1982年 父母の要望から3~5才児の一貫保育を開始「公団久米川団地幼児教室すずめ」と改称
1987年 親子遊びの会「ひよこ会」を中央公民館レクリエーションルームで開始
1993年 ヤンチャプレイルームの前身「ひよこちゃん」を開始
1998年 保育者8名によって保育室「こどもの家」(0~2才児 定員15名)を栄町に開設
2000年 保育室として使用してきた集会所が建て替えで使用できなくなり、民家を借りた保育室に移る
NPO法人設立を決定
2001年 NPO法人格取得
2002年 保育室「子どもの家」認可取得申請をする
認可保育園と「幼児教室すずめ」を統合した子育て支援施設作りを決定
2005年 本町にすずめ保育センターが完成、「幼児教室すずめ」と保育室「こどもの家」を移転
保育室「こどもの家」は認可保育園「つばさ保育園」(0~5才児 定員88名)として開園
すずめ保育センターを法人事業の拠点とする
2009年 地域、多摩地区、東京都の子育て支援団体とのネットワークに関わり始める
◆「協働を学ぶ会」◆「子育て多摩手箱」◆「子育て応援とうきょう会議」に参加
2010年 一時預かりサポート事業を東村山市から業務委託 「預かりサポートたんたん」として始動
2011年 幼児教室すずめ定期利用保育事業を実施(通常保育と合わせて2~5才児 定員65名)
2012年 「ころころの森」を東村山市子どもNPOユニットとして運営受託(指定管理2012~2016)
東村山市から指定管理者として受託
預かりサポート事業「たんたんのおうち」再受託
2013年 創立50周年を祝う会、展示会、開催。記念誌発行
2015年 第二園舎落成、幼児教室すずめの分散保育室の解消、つばさ保育園定員81人
利用者支援事業「ころころたまご」を運営受託
2016年 つばさ保育園定員88人
2017年 「ころころの森」を東村山市子どもNPOユニットとして運営受託(指定管理2017~2021)
東村山市から指定管理として受託
※東村山市子どもNPOユニットとは
 すずめと市内子育てNPOであるHUGこどもパートナーズで構成される共同運営団体です
【主な事業】
すずめ保育センターを拠点として以下の事業を行っています。

保育事業

つばさ保育園(認可保育園)
  0才~5才児 定員88名
幼児教室すずめ(認可外保育施設・定期利用保育)
  2才~5才児 定員68名


◇認可保育園と幼児教室の相互交流により保育効果を図ります。
◇幼保ともに0~5才まで一貫した育成課程で保育をしています。
◇命を育むほっとステーションとして、乳幼児から青少年までの
 子どもの健全育成を願い教育・福祉・文化・自然街づくり等
 豊かな環境作りに努めています。

東村山市子育て総合支援センター
◆ころころの森(指定管理受託)
子育て預かりサポート事業
◆一時預かり保育 たんたんのおうち
東村山市子育て利用者支援事業
◆ころころのたまご

地域子育て支援事業
◆ヤンチャプレイルーム◆ひよこ会
◆おはなしくまさん◆園庭開放
青少年育成事業
◆ひまわり会
◆青少年体験キャンプ

総合子育て
支援事業